バルクオムの口コミの真偽。半年間実際に使ってみた。

昨年2019年の2月から使用しているバルクオムの洗顔・化粧水・乳液について率直にレビューをしていきたいと思います。公式サイトやAmazonでは「ん?」と思うような口コミが多々見受けられましたので、実際に使用してみたい方向けに記事として残しておく備忘録です。広告だと思われても嫌ですので、公式リンクは張っておりません。気になった方は自分で「バルクオム」と検索してください。

BULK HOMME バルクオムとは

BULK HOMME(バルクオム)とはメンズスキンケアブランドの名称で、BULKは英語で「容器の中身」HOMMEはフランス語で「男性」を意味しています。バルクオムでは「ベーシック」という言葉を1つのキーワードとしており、メンズスキンケアのベーシックであるという意味が込められているのです。

バルクオムの商品の価格帯(税別)

  • 洗顔・・・2000円(100g)
  • 化粧水・・3000円(200ml)
  • 乳液・・・3000円(100g)

1つ1つの製品が丹精込められて製作されている分、市販の洗顔や化粧水と比べると高価なスキンケアアイテムです。市販だと上記の3種類いずれも1000円前後で販売されていますので、美容にそこまで興味がない、または肌トラブルを抱えていない方はまずこの時点でおすすめはできないです。いつも通りのスキンケアアイテムを使用してください。

バルクオムの商品と配合成分

バルクオムの公式でおすすめしているのは洗顔+化粧水+乳液】のセットの「定期コース」での購入です。
初回限定で9500円(税別)→1980円(税別)となっているのでお得にはなっていますが、
2回目以降は10%OFFの7200円(税別)となります。

【コースセットの中身(3セット)】
・洗顔
・化粧水
・乳液
・泡立てネット
・化粧水トナー
・乳液トナー

 

クレイミネラルズ(洗浄)

配合製品:洗顔、乳液
水分を残しながら皮脂に含まれるオレイン酸を吸着する作用があります。(クレイとは粘土鉱物)

トレハロース(保湿)

配合製品:化粧水
食品などにも多く使われる成分で、高い保水機能がある天然由来成分。

スクワラン(保湿)

配合製品:乳液
人の皮膚構造に近いので肌なじみがよく、角質層に疑似バリアを作り肌を守る。

 

実際にバルクオムを使ってみた

付属の泡立てネットを使用して、綺麗な泡を立てていきます。濃密な泡ができるのでネットがついているのは良き。弾力があってモチモチしています。泡立てネットだとかなり泡立ってくれるので洗顔料は少量で問題ありません。

洗いあがりは、しっかり汚れが落ちている感覚はあるものの、薄い膜が張られているような感覚も残り、不思議なしっとり感があります。

洗顔後は化粧水を2プッシュくらいして手でなじませてから使用しています。体温に近づき肌に馴染みやすいらしい。たまに髭剃りで切ったところがあると沁みたりします。さっぱりしてますが、時間が経つとモチモチしてきます。

肌を少し乾燥させて、次は乳液を使用。化粧水の後すぐにつけると混ざるからよくないらしい。こちらは1.5プッシュくらい。

 

洗顔について

モチモチしていて洗いあがりもしっとりしています。個人的にはごっそり汚れを落としてほしいので、洗浄力がもっと欲しいですが、肌的には皮脂とのバランス上、中間程度の洗浄力がベストなのでしょう。

化粧水について

最もおすすめしたいのはバルクオムの化粧水です。単体だけでの購入もおすすめします。さっぱりした付け心地に加え、保湿力が高いと感じます。1ヶ月も使用すれば自身の肌が変わってきているという実感ができると思います。

乳液について

個人的な意見ですが、他のブランドとあまり変わらないような気がします。しかしながら化粧水・乳液ともに入っている成分は違いますので、一緒のブランドを使用するのが無難だと思いますのでバルクオムでそろえています。

バルクオム使用の総評

様々なブランド(明確なブランド名は避けます)の化粧水や乳液などを使用してきましたが、バルクオムの洗顔・化粧水・乳液はワンランク上の上質なものだといえます。乳液についてはつけてもよく分からないので、個人的には他の安価な物でもいいのかなと思います。

朝起きても夜に使用した化粧水・乳液のモチモチ感が残っていますし、もともと乾燥肌で粉が浮いていた私の肌も水分のある綺麗な肌へと変化していったからです。気持ち肌が白くなっているのも評価しています。

肌トラブルが多くなってからバルクオムのスキンケアとランニングをするようにしました。乾燥肌の改善はバルクオムだけでなく運動をはじめたことも関係しているでしょう。それ以上にあまりスキンケアに無関心だっただけに、少し高価なバルクオムの商品を購入しちゃったから、ちゃんとスキンケアしないと!毎日洗顔・スキンケアしたことも良かったのだと思います。

 

バルクオムにおすすめの肌タイプは?

正直にバルクオムにおすすめの肌タイプはありません!

というのも脂性肌の方も乾燥肌の方も洗顔→化粧水→乳液といったスキンケアは変わらないからです。
また脂性肌の方の多くは肌内部の水分が足りず、肌が皮脂を頑張って分泌することによって皮脂が過多状態となっている可能性が高いです。
つまりもともとは脂性肌の方も「乾燥肌」の可能性が高く、保湿をかかさず行うことで治ることがあります。

 

バルクオムの口コミと個人的な見解

口コミ

自分の肌にはまったく合わなかったです。というのもプロア〇〇ィブやビーグ〇ンなどすべて使ってきました。その中で市販の女性用洗顔料と化粧水で毛穴、黒ずみ、ニキビすべてなおりました。
こちら広告で知り試しに使ってみましたが洗浄力が強いのか手もキュキュッなるくらい油が落ちます。肌がヒリヒリし、元の洗顔料にもどしたらすぐになおりました。
残念ながら自分の肌には合わなかったです。

(引用:Amazon)

キュッキュする感じは全くないです。汚れは落ち、最後は保湿されている感じが残るといった使い心地ちが良い表現だと思います。

 

口コミ

全く効果はありませんでした。
化粧水だけは使用後サッパリして気持ちがよかったです。
しかし、ニキビは治りませんでした。

(引用:Amazon)

どの美容液や化粧水を使用してもニキビを完全に処置できるものはないでしょう。ただニキビを予防するという意味で化粧水・乳液を使用してしっかり保湿することが大事のように感じます。

 

口コミ

確かに肌の効果はありますが1回キリじゃなく2回3回と買わないといけません

(引用:Amazon)

確かに定期コースの場合、2回目の定期購入する前に解約してしまうとキャンセル料3000円がかかってきてしまいます。また初回限定1980円で購入できる」という謳い文句から定期購入ということを知らず、勘違いしてしまう方が続出しています。購入直前に知らされるような気分ですので、騙されたような気持になるのも分からなくないといった印象です。

しかしながらやはり購入したいという意思がある方はやはり公式での購入をお勧めします。23日間の返金保証がついていますので、万が一肌トラブルが起きても安心して使用することができます。

まとめ

コスパ良好という記事が多いですが、決してコスパが良いとは筆者は思いません。何度も言うように市販でもう少し安く購入できるからです。

スキンケアは今の顔よりもいい顔にしよう!ということで始めるのではなく「現状維持」という意味合いとニキビやしみなどの肌トラブルを増やさないという意味合いが強いです。過度な期待をスキンケアにしている方が酷評しているように感じました。