タバコ禁煙グッズおすすめ10選。僕が実際に使用した全アイテムを紹介します。

タバコをやめよう!と禁煙を決めた時に大事なお供が「禁煙グッズ」です。タバコを自然とやめれる方は少なく、最初はニコチン欲しさからタバコをついつい手にとってしまいがちですので「代用の他の物」に頼るしかありません。そこで3ヶ月禁煙中の私から実際に使用した中でも優れていたタバコ禁煙グッズを紹介していきたいと思います。

まずは私の禁煙効果を是非ともお伝えしたい

禁煙のメリット

・考え事、悩みがなくなった
・うつ的な思考がなくなった
・食欲が半端なく上がった
・早く走れるようになった
・外に出ても喫煙所を探さなくてもいい
・タバコのお金は欲しいものに使える
・タバコ吸いながらスマホ見る時間がなくなった
・歯の状態が良くなった
・肌の状態が良くなった
・イライラしなくなった
・女子ウケがいい

禁煙によるデメリット

・集中したいときの一服ができなくなった
・不安や緊張する場面で一服できなくなった

圧倒的に「禁煙のメリット」が大きくタバコをやめるまではこんなに禁煙のメリットが得られると思っていませんでした。禁煙なんてやってられっか!なんて思ったりする時もありますが、禁煙を続けて2週間を乗り切ればそこからは苦しみなくタバコとおさらばできますので、ぜひ挑戦してほしいと思います。たばこ税払い続けるのもばからしいですからね!

【一番伝えたい】禁煙でうつ的な考えや思考が消える

タバコで沈んだ気持ちを緩和されているような感覚にもなっていたかと思いますがその反対で、タバコをやめることで鬱々とした気分がなくなり日々晴れやかな気持ちになりました!禁煙1週間後には朝に散歩したりと1日が充実したものになります。本当なんです。

一服という「ここぞ!」に使いたい必殺技が出せない

確かに「ここぞ!」という場面で一服することができないといった大きなデメリットはあります。オンライン会議などが始まる前に禁煙のデメリットを大きく感じた瞬間でした。それでも軽くストレッチをするとか好きなコーラを飲むとか「タバコに代わるもの」を作ることでその悩みも解消されました。タバコの一服だけが必殺技じゃない!

 

タバコ禁煙グッズ10選!

タバコ禁煙のメリットを知ったとこで、さっそくあなたも今日から禁煙に取り組みましょう!2020年10月1日よりさらにタバコの増税が始まりました。お財布にも痛いので今から早めに禁煙対策を行っていきましょう。

飴の総評
評価: 2.5口にすぐに入れてなめられる点は優れています。甘いものよりもメンソール系の飴または、ビタミンCなどの刺激のあるものだと気も紛らわしやすいです。ビタミンC系の飴を選ぶ理由は「タバコによってビタミンCが破壊される」といった通説があることから、なんとかビタミンCを摂取していこうという気持ちからです。しかしながら飴は甘いので何度もなめようという気は起きず、1日の中で継続的な使用は難しいです。禁煙の初歩的な入りとしてはスタンダードで良いです。

ガム

ガムの総評
評価: 2.5ガムも飴同様にすぐに口に入れて、噛むことができます。噛むことで集中力も上がり、タバコをやめる時に発症してしまう無気力で何も手につかないといった状態も少しばかり改善してくれます。しかしながらガムを噛みすぎるとお腹が緩くなり、何度もトイレに駆け込むといった事案が起きました。仕事にもしっかり打ち込めるようになるので噛みがちですが、多用は厳禁です。ガムばかり噛みすぎないように、飴との併用をおすすめします。

お酒

お酒の総評
評価: 3.5まず注意点として「お酒を飲むとタバコが吸いたくなる」という方はこの方法はおすすめできません。タバコの依存をお酒に移すという意味では有効です。ニコチンによってぼーっとする脳に刺激を入れるのにアルコールはよい手段です。しかしながらここでアルコール依存症になっては意味がありません。夜は特にタバコを吸って考えに耽りたい気持ちになりがちです。その気持ちを抑えるのにアルコールは効果的です。

 

コーヒー

コーヒーの総評
評価: 3.5
朝の一服を抑えるのにコーヒーを飲むことは有効ですが、コーヒー+タバコと毎朝のセットになっていたかもしれませんので、コーヒーを飲むことが思い出させる危険な行為になるかもしれません。それでもコーヒーにはカフェインが入っており、その苦みとプラスで脳に刺激を与えてくれますので、ニコチンを渇望している脳にとって代わりのものになってくれます。今でも朝昼とコーヒーを飲んで、タバコを吸わないための刺激にしています。

 

フリスク・MINTIA(ミンティア)

フリスク・MINTIA(ミンティア)
評価: 4.5タバコ禁煙の初日から大活躍したのがフリスクやミンティア系のお菓子です。とにかくタバコをやめたその瞬間から口に何かを頬張っていないといけないという気持ちになるので、小さくてスゥーっとするミンティア系のお菓子は重宝します。禁煙の中でも一番きついかった初日をなんとかしてでも乗り切らないといけないため数の多いミンティアの小さい粒の方をおすすめします。

 

電子タバコ

電子タバコの総評
評価: 4.0電子タバコを吸うときが、実物のタバコを吸う時と同様の動きをするので、疑似タバコとして気を紛らわすのに最適なグッズです。様々な電子タバコがある中で最も効果的だったのが3つあります。それは①ミント系②多くの煙を出すもの③ニコチンが入っていないものが良いです。理由は以下です。
①ミント系 → メンソールの感じで吸える
②多くの煙 → タバコを吸っている雰囲気を味わえる
③ニコチン無し → ニコチンを摂取しては意味がない

 

吸うCBD



吸うCBDの総評
評価: 4.0電子タバコ同様にそのまま吸って使うことができます。一般的な水蒸気の電子タバコとは異なり、CBDが含まれています。CBDは大麻成分の一種ですが、違法として知られている成分はTHCと呼ばれており違う成分ですので安心してください。CBDには抑うつ、睡眠改善、炎症を減らす、食欲増進などの効果があり、近年では健康志向の方に好まれている成分です。電子タバコを吸っている感覚と変わりませんが、落ち着くような感覚がするので、特にリラックスしたい方におすすめです。

 

ニコチンガム

ニコチンガム
評価: 4.5
一言でいえば最強のアイテムです。なぜならニコチンが含まれているからです。タバコに依存してしまうのはニコチンのせいですので、ニコチンが切れたタイミングで「ニコチンガム」を噛むことでイライラが解消されます。「タバコを吸う」という習慣を無くすことができるので、例えニコチンが入っていたとしても、タバコのことを忘れることができるといったアイテムです。タバコからニコチンを摂取することに慣れているので、物足りなさを感じますが十分な効果を発揮します。

 

筋トレグッズ

筋トレグッズの総評
評価: 3.0
なぜだかよく分からないですが、筋トレをすることでタバコのことを忘れることができます。私なりの考えですが、タバコのニコチンによってドーパミンが分泌されるのですが、ニコチンを摂取しなくなると一時的に自らドーパミンを出す能力が働かず無気力になってしまいます。そのため何か行動したいときにタバコを必要としてしまいます。ドーパミンは幸せホルモンの一種と言われていますが、筋トレによってもう一つの幸せホルモンであるセロトニンが分泌されます。ドーパミンからセロトニンで互換?できるかどうかは知りませんが、その効果もありタバコのことを忘れることができます。

 

ランニングシューズ

ランニングシューズ
評価: 3.5喫煙者だったときは全く運動をしておらず、久しぶりに走ったら1km12分かかって「これではまずい!」と感じたのでランニングすることにしました。ランニングすると徐々に早くなっていきましたが、停滞期にぶち当たりましたので、タイムを出そうと努力するようになったタイミングで禁煙しました。禁煙とともに徐々に再びタイムが上がり、早く走りたい一心から「タバコ吸いたい」という気持ちから「禁煙が一番!」と思考が変わりました。またランニングすることでタバコを吸うといった行為が気持ち悪くなった点から禁煙時のランニングはおすすめの方法だと思います。

 

禁煙は一人では難しいです

実際、タバコを禁煙することは1人では難しいです。禁煙中はただ数日間イライラするだけ、仕事に集中できないなどといった障害が誰しも発生します。自分のためだけだとどうでもよくなるので、結局喫煙者に戻ってしまいます。そのため誰かのためにタバコをやめることを意識して禁煙すると長続きします。もちろん私の実体験です。

ただタバコをやめることで達成できる目標(私の場合はランニング)、禁煙をともに続けられる元喫煙者の仲間、タバコの臭いで煙たがられていた奥さん・彼女・こどもの存在が禁煙を後押ししてくれます。

禁煙する際は必ず自分ひとりで取り組まず「意思の強い方」とともに一緒に取り組むことをおすすめします。

 

友達・彼女なんていねぇーよ!!!!

 

という声も聞こえますが

そんな時は禁煙外来というところがあります!

お医者さんと一緒に禁煙に取り組めばきっと成功しますので、不安な方はお近くの禁煙外来がある医院まで足を運ぶと良いでしょう。

 

まとめ

正直、禁煙は3回くらい失敗しました。タバコを吸ってまた元通りといった生活を繰り返しているうちに、タバコによって頭痛が起きたり、タバコがない生活の方がよかったと思えるように徐々になっていき最終的にやめることができました。

禁煙を失敗しても再度、禁煙に挑戦することでいつかやめることができます。我慢をめっちゃして、それでも無理だったら吸っていいです。気長にやりましょう。